建具の水拭き。~横に拭いても落ちません~

建具をキレイに保つ

建具は手すり回り中心に汚れます。

その汚れを落とすには、単なる水拭きでは落ちません。

どのように拭いたら落ちるのか考えない溶けません。

ポイントは素地の凹凸を見極めることです。

写真の建具を、もう少し近づいてしたから見上げた感じで取った写真。
凹が縦に走っている

この建具は、凹が縦に走っています。

アップしてもわかりにくいですが、実施には深さ約0,2ミリ、幅約0,1~0、3ミリ、長さ数ミリほどの凹が縦に無数に走っています。(写真上部の照明の反射部分にうっすら見られます。)

手垢などの汚れは、この凹の部分に付着しています。

この汚れを落とすには、横に拭いても効果はありません。

縦に拭かなければいけません。

イメージでわかると思いますが、横に拭いても雑巾やクロスの毛が凹に入り込まず、汚れの上を通過するだけです。

縦に走っている凹と同じ方向に拭くと、雑巾やクロスの毛が凹に入り込みやすくなり、汚れも一緒に掻き出してくれます。

建具に限らず、お掃除のときは素地の状態をよく観察しなければいけません。

※凹凸がない素材に対しては、どちらにむかって拭いても問題ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする